モグパク法!顔のむくみを解消する食べ物

 モグパク法、それはモグモグパクパクの略で要するに顔のむくみについて食べ物方面からアタックをして解消していこう!って事です。
顔のむくみに良いとされる食品については「顔がパンパン!?そんなむくみからサヨナラできる対処法」で紹介したので、ここでは掘り下げて紹介していきますね。

 

実はかなり重要!体の中で3番目に多いカリウム

 カリウムは、カルシウムとリンに次いで多い要素。まるで某有名錬金術漫画に出てきそうな名前が挙がりましたね。
体内にそれだけ多く含まれているのだから、それだけ重要なのだと思ってもらえれば大丈夫です。
 カリウムの働きはナトリウムと協力して、体の中の水分バランスを保つこと。なのでカリウムが不足してしまうと血液やリンパの流れが悪くなって、それが顔のむくみに繋がるわけです。

 

 では、カリウムはどんな食材に多く含まれているのか。リウムを含んでいる食材は沢山あるのです。
 問題は調理法。例えば芋類のサツマイモ、これを生で丸かじり・・・なんて食べ方はただの罰ゲームですよね。
普通に蒸したり茹でたり炒めたりして食べると思います。そしてカリウムは水に溶け出て行きやすい物質。なのでオススメは野菜スープなどにして煮汁ごと食べてしまいましょう。

 

ビタミンEはアンチエイジングにも効果テキメン

 続いて、誰でも聞いたことのあるビタミンシリーズの、特に顔のむくみに効果的と言われているEについて。ビタミンEには抗酸化作用があるとされていて、体の中が酸化するのを防ぐ役割があるとされています。
この働きで血管を綺麗にしてくれるので、血の流れが良くなって顔がむくみにくくなるんですね。

 

さらに!酸化=老化ですから、ビタミンEの多い食べ物を食べる事でアンチエイジング効果も期待出来るんです!顔のむくみもなくなって一石二鳥ですよね。
 ではどんな食べ物に多いのか。ビタミンEは油に溶ける性質があるのでナッツなど植物油に沢山含まれています。他にも緑黄色野菜の中にもビタミンEを沢山含んでいるものが多いようです。

 

 であれば、調理法は野菜炒めでどうでしょう!植物油を使って炒めればなお良しです。

 

歴史があるクエン酸、疲労回復にも必須!

 クエン酸と言えば酸っぱいもの、柑橘類や梅干をイメージする方が多いのではないでしょうか?まさにその通り、酸っぱい食べ物に多く含まれているとされています。
興味深い事にこのクエン酸、梅干であれば平安時代から、世界的に見れば古代ギリシャ時代の医療用品として使われていたと記録があるのです。

 

クエン酸には沢山の役割がありますが、顔のむくみと関係しているとなると代謝の話になりますね。
クエン酸の代謝に関する役割は、摂取した栄養を体を動かすエネルギーに変換する事。クエン酸が減ればこのエネルギー変換が上手くいかなくなり代謝が悪くなる、老廃物などを溜め込みやすくなるので、これが顔のむくみにつながってくるのです。

 

 ではクエン酸を沢山含んだ食べ物は?酢、柑橘類、梅干と言った酸っぱいものトリオがそうです。食べ方などは特になく、ご飯の時に梅干を1つ食べたり、酢を炭酸水で割って飲むのも効果的。冬にこたつでみかんも手軽に出来そうですよね。

 

さて、3つの栄養素について今回まとめてみました。顔のむくみが気になって、食べ物方面から解消に向けてアタックしてみよう!という方の参考になればと思います。